違いが知りたい!ヤーマン『フォトプラスEX』とパナソニック『イオンエフェクター』を徹底比較!

フォトプラスEXと他社美顔器を比較
「フォトプラスEXとイオンエフェクターはどっちがおすすめ?」
「それぞれどんなメリットとデメリットがあるんだろう?」
この記事を読んでいる方は上記のような疑問をお持ちではないでしょうか?
美容家電のパイオニアとも呼ばれるヤーマンのシリーズ累計200万台突破の『フォトプラスEX』と、VOCEベスト美容家電&ベストギアで1位を獲得したパナソニックの『イオンエフェクター』
どちらも口コミの評価も高く雑誌でもよく見かける人気商品なので、どちらを選ぼうか迷う方は多いと思います。
私も美顔器を購入する際はこの2つでかなーーり迷いました!
というのも、買ってから「やっぱりあっちにしておけば良かった!」と後悔したくないので、
ひたすらいろんなサイトの口コミをチェックしまくりました(笑)
購入前にかなり念入りに比較して検討したので、
今では『フォトプラスEX』を選んでよかったととても満足しています(´ー`)
というわけで、今回はフォトプラスEXとイオンエフェクターを比較して、それぞれのメリット、デメリットも分かりやすく紹介していきます!
最後まで読むことで、どちらが自分に合った美顔器なのかが良く分かります!
どちらの方がおすすめなのか早く知りたい方は↓をクリック!

フェイスケアならRFボーテ『フォトPLUS(プラス)』がおすすめ!

フォトプラスEXとイオンエフェクターの比較ポイントまとめ

フォトプラスEX

イオンエフェクター(EH ST97)

機能 1台6モード RF(ラジオ波付)

  • イオン導出+RF
  • イオン導入+RF
  • マイクロカレント(目元もOK)
  • EMS+RF
  • LED(赤)+RF
  • 冷却
1台5モード

  • プレケアモード(浸透をサポート)
  • リズム保湿モード+温感(保湿成分を浸透)
  • ブライトニングモード+温感(ビタミンCを浸透)
  • イオン導出+温感
  • 冷却
価格 ¥45,000(税抜き) ¥45,800(税抜き)
重さ 約220g 約180g
サイズ 約W44×D57×H190(mm) 高さ21.4×幅5.3×奥行6.5㎝
充電 約2.5時間で動作時間/約40分 約1時間で動作時間/30分
原産国 日本 中国

それぞれのメリット・デメリット

フォトプラスEXとイオンエフェクターの比較表を見ただけでは、良く分からないかと思うので、

それぞれのメリット、デメリットをまとめてみました!

イオンエフェクターのメリット

フォトプラスEXと比較した場合のメリットは以下です

  • ヒアルロン酸などの分子量の大きいサイズも浸透可能
  • 浸透させることに特化している

では、一つずつ解説します

  • 分子量の大きいサイズも浸透できる

フォトプラスEXでは使える化粧水や美容液はかなり限られます。

というのも、浸透できる成分はビタミンCやプラセンタなどの分子が小さい成分のみだからです。しかし、イオンエフェクターではヒアルロン酸などの分子の大きい成分も導入が可能なので、

保湿がしたいときにも、美白ケアがしたいときにも使えるので、肌に潤いが欲しい方やシミ対策がしたい方にはぴったりですね。

  • 浸透させることに特化している

イオンエフェクターは手で塗布したときと比較して5.7倍も浸透率がアップします!

というのもプレケアモードという浸透をさらに高める機能が搭載されているので、美容成分を浸透させることにかなり特化した美顔器と言えます。

イオンエフェクターのデメリット

フォトプラスEXと比べた場合のデメリットとしては

  • リフトアップのケアができない
  • 目元のケアができない
  • レベルを調節できない

一つずつ解説します。

  • リフトアップのケアができない

イオンエフェクターは保湿に特化した美顔器なので、肌のたるみをケアする機能がありません。

私も購入するときはとっても迷いましたが、EMSやLEDなどのたるみケアができる機能が付いてるフォトプラスEXに決めました。

  • 目元のケアができない

イオンエフェクターはまぶたの上に美顔器を当てれません✖

フォトプラスEXはLEDモードを瞼の上から離して当てることで目元のケアもしっかりできます。

なので、顔全体のたるみ・シワのお手入れができます。

目元のケアがしたい方にとってはデメリットとなるでしょう。

  • レベルを調節できない

フォトプラスEXはレベルを5段階調節できますが、イオンエフェクターは調節できません。

イオンの力で浸透させていく際に電気が流れるので、私の場合、歯に詰め物がしてあるのであご周りが結構キーンときます(^-^;

あの独特な響く感じが苦手なのもあり、レベルが調整できるフォトプラスEXを選びました。

フォトプラスEXのメリット

では、イオンエフェクターと比べた時のメリットですが、

  • 1台6モードで、幅広い肌悩みに対応できる
  • たるみケアも可能
  • レベルの調節ができるので好みの強さでケアできる

詳しく説明していきます。

 ☑1台6モードで、幅広い肌悩みに対応できる。

イオンエフェクターが1台5モードなのに対して、フォトプラスEXは6モード搭載しています。

なので、たるみのケアや毛穴の悩み、うるおいのケアからむくみまですべて1台でケアできるので肌の悩みが多い方が使うべき美顔器です。

1つ1つそろえてたらお金もかかるし、美顔器だらけになりますからね(笑)

 ☑たるみのケアができる

私がフォトプラスEXを選んだ理由もたるみのケアができる美顔器だからです。

美容成分の浸透量が素晴らしいイオンエフェクターですが、

肌を引き締める機能は付いていませんからね(><)

たるみのケアは年齢とともに必須です!

 ☑レベルの調節が可能で好みの強さでケアできる

フォトプラスEXのデメリット

イオンエフェクターと比べた時のデメリットですが

  • 成分導入に特化していない
  • 使える化粧水が限られる

という点が挙げられます。詳しく説明していきいます。

 ☑成分導入に特化していない

フォトプラスEXで浸透できる成分はビタミンCやプラセンタなどの分子の小さい成分に限ります。

また、イオンエフェクターのように浸透をさらに高める機能も付いていません。

なので浸透力重視という方にはデメリットに感じるかもしれません。

が、フォトプラスEXもコットンのみで化粧水をつけた時と比べうるおいが12%もアップと、

しっかり潤いを届けることができるので、私は肌のモッチリ感やキメが細かくなる感じを十分実感できています。

 ☑使える化粧水が限られる

使える化粧水や美容液の幅は狭いかもしれません(^-^;

ですがヤーマン公式で専用ブースターパッドを購入することができるので、効果をしっかり実感するために使ってみるのをおすすめします。

フォトプラスEX・イオンエフェクターはこんな人におすすめ

どちらも良い点があるので選ぶのが難しいですよね(; ・`д・´)

というわけで、フォトプラスEXとイオンエフェクターがおすすめな方に分けてまとめてみたので参考にしてください!

浸透力重視ならイオンエフェクター

イオンエフェクターがおすすめな方は以下に当てはまる方です。

  • 乾燥小ジワが気になる方
  • 肌にみずみずしい潤いが欲しい方
  • 透明感のある肌になりたい方

イオンエフェクターは高い浸透力を誇る美顔器です。

乾燥が気になるだけでなく、乾燥による小ジワのケアにもおすすめです。

たるみをケアしたいたらならフォトプラスEX

フォトプラスEXは顔のたるみをどうにかしたい!という方が多く購入しています。

  • 顔のたるみ全般が気になる
  • リフトアップのケアがしたい

実年齢より老けて見える原因でもあるシワやたるみ。

ほうれい線がくっきり目立ってくると「この線さえなければ、、!」と鏡を見るたびに思いますよね(^-^;

私は悩んだ挙句、フォトプラスEXを購入して使ってますが、フェイスラインが引き締まり、

二重あごやほうれい線なども目立ちにくくなったと実感しています。

あの時、フォトプラスEXを買っていなかったら、今でも鏡を見る度にがっかりし、

肌の衰えに嘆く日々を過ごしていたんだなと思うと、本当に良い買い物をしたなと思います。

自分の1番の肌悩みを解消してくれる美顔器を選ぼう

今回はフォトプラスEXとイオンエフェクターを比較して、それぞれのメリット・デメリットも合わせて紹介していきました。

  • 浸透力重視ならイオンエフェクター
  • たるみをケアしたいならフォトプラスEX

時すでに遅しと諦めずに、自分に合った美顔器を選んで肌が綺麗になっていく喜びを実感してみてください(´ー`)



タイトルとURLをコピーしました